トップページ > 流産を経験しています。 ずっと欲し

吉江とのな

フレーム上

流産を経験しています。 ずっと欲し

流産を経験しています。


ずっと欲しかった子供でしたので、とても落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、1年くらい経ってまた妊娠について前向きに考えられるようになり、そこから妊活を始めました。
サプリ等で栄養を補給することはもちろん、妊娠に適した体を作るために、冷え性を治そうと運動することを思いつきました。
大変な時もありましたが、新陳代謝が上がったために、基礎体温が高くなったので、冷え性も良くなったので、本当によかったです。

皆さんご存知のように、妊婦の体に必要不可欠といわれている葉酸、卵巣に影響を与える鉄分は、どちらも不足しがちなものです。普通の食生活で推定される摂取量では、なかなか理想的な摂取量を満たすことは難しいようですので、食事で摂取することに固執せずに、サプリを活用するのがお手軽でお勧めですね。


最近はこうしたサプリメントの利便性が見直されて、鉄分と葉酸の両方を含有するものも売っていますから、こうしたサプリを選べば不足しがちな栄養素を簡単に摂取できますから、安心です。クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。妊活中の友人たちと同様、結婚後3年を前に不安になったんです。タイミングを見計らって努力しても、一向に妊娠の兆候が見られなくて、親戚に子供ができたことを聞かされたりすると、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。検査は夫婦二人とも受けましたが、原因は私の方にありました。



排卵誘発剤の服用を始めると、二周期ほどで妊娠できました。病院に根拠のない抵抗感を持っていたのは間違いでした。
もっと早く来たかったですね。葉酸の摂取によって胎児の先天性異常の発症が抑えられる可能性があります。



葉酸の摂取方法としては、厚生労働省が推奨するように妊娠初期には葉酸はサプリを活用するのが良いでしょう。

では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、食事の後、30分以内にサプリを飲むようにするのが良いでしょう。
食事で摂れる栄養素が、サプリによって補給された葉酸に作用することで、葉酸の効率的な働きを促すことが出来ます。反対に、胃が空っぽの空腹時に葉酸サプリを摂取してしまいますと、胃が荒れてしまい、食欲不振や吐き気といった症状があらわれることもありますから、避けた方が無難です。



サプリは不足しがちな特定の栄養素を抽出し、体に吸収しやすく加工したもので、健康的な生活をサポートしてくれる効果が期待できます。



妊活中の女性において、栄養補給や体調管理のためのサプリはたくさんの種類がありますね。

選ぶ基準としては、特に葉酸を含んだサプリだと言えます。


ビタミンの一種である葉酸には、貧血を予防する効果がありますし、赤ちゃんが先天的な障害を負う可能性を抑えてくれますし、ほかにも、意外かもしれませんが、精子の染色体異常を防止してくれる効果もあるりますから、夫婦どちらに対しても効果的な、妊活中の夫婦には必要不可欠なサプリだと言えるでしょう。葉酸と言えば、妊娠に必要不可欠と言われる栄養素ですが、必ずしも、葉酸だけを摂れば胎児が健康的に育つのかというと、そうではないですね。



葉酸には単体で摂取しても吸収率が悪いという特徴があります。ですから、サプリを選ぶ際のポイントとしては、ビタミンやミネラルなど、妊婦にとって不足しがちな栄養素を配合されているものを選ぶのが良いでしょう。



目安としては、25種類ほどの栄養素を含有しているものを選べば必要な栄養素をきちんと補うことが出来ますし、成分が最大限有効に働いてくれるという訳です。



このようなサプリは、妊娠中の方だけに必要なものだと考える方もいらっしゃるかと思いますが、サプリの摂取によって妊娠しやすい体がつくられますから、妊娠を計画している女性は早めの摂取を心がけてください。

葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミンB群の一種です。野菜の中ではほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。

なぜなら推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を減らす効果があります。厚生労働省が推奨するように、妊娠の初期の段階で葉酸の摂取を1日に400μg摂ることを勧告しています。
手軽に摂るならば葉酸のサプリを利用するのが大丈夫です。赤ちゃんはおなかの中で細胞分裂を繰り返しながら成長するのですが、葉酸はこの細胞分裂に欠かせない栄養素である為、不足しないように注意が必要なのです。
必要不可欠な葉酸ですが、葉酸単体での吸収率はあまり高くありません。ですので、総合サプリメントを選ぶと良いでしょう。
しかし、不足しがちな栄養素を考慮した時に、葉酸のほかに何が入っていれば効果に期待を持てるのか分からず、不安だという妊婦さんのお話もよく耳にします。


総合サプリで何を選んだらよいのか分からない、という方は、信頼できる粉ミルクの成分分析表と照らし合わせながら、サプリを選んでみましょう。妊娠しづらい状況を改善するためには、食生活から改めるのも一つの手かもしれません。



卵子はもちろん精子だって、親の体内で造られるのですから、乱れた食習慣を続けていては妊娠しやすい元気な卵子、精子は、望めません。

妊娠前にも、妊娠後にも役立つことですから、規則的で栄養バランスに配慮した食事を維持していけば、やがて良い結果が得られるでしょう。

一般的に不妊治療は費用もかさみますし、タイムリミットを考えると精神的にもつらいものです。

市町村に申請すると助成金が得られるとはいえ、40歳程度を基準にして給付する回数を減らすケースが多いです。

その年で諦めろということでしょうか。むしろ40だからこそ、給付回数は減らすべきでないと思うんです。かくいう自分もアラフォーですし、見捨てられたような寂しい気持ちで、落ち込むことが多くなりました。

フレーム下 class=


Copyright (C) 2014 吉江とのな All Rights Reserved.

ページの先頭へ