トップページ > 不妊でクリニックに通うのはお金がかかりますし、

吉江とのな

フレーム上

不妊でクリニックに通うのはお金がかかりますし、

不妊でクリニックに通うのはお金がかかりますし、精神的にも大きな負担があることは明らかです。自治体から助成金が支給されますが、だいたい40歳以上になると給付回数が減らされるケースが多いです。


治療を始めた年齢を考えると40歳以上といってもまだまだで、給付回数は減らすべきでないと思うんです。



今年で40歳になる私ですが、常に急かされているような気がして、落ち込むことが多くなりました。

大きくなってきたお腹を見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。妊活中の友人たちと同様、結婚後3年を前に不安になったんです。タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、授かることができず、同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、このままだったらどうしようと落ち込みました。



産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃんを授かることができました。悩んでストレスを貯めるより早々に受診したほうが、体にも良いと思います。

なんとなく不妊を疑いはじめたら、とりあえず基礎体温をつけることをお勧めします。簡単すぎるようですが、基礎体温の推移を見れば女性の体の状態がある程度推測でき、妊娠につながる対策を講じることもできるのです。

さて、基礎体温表を作るにあたっては、変化の少ない朝(起きたとき)に測り、毎日続けるといったお約束がありますから、習慣的に続けていくことが大事です。
最初の1か月は慣れるつもりで始めてみましょう。

妊活中の方に、ぜひ読んでいただきたいのですが、妊活中には亜鉛をしっかりと摂取するようにしましょう。
亜鉛は卵巣の正常な働きに重要な成分で、健康的な卵子を成熟させるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。妊活中の女性以外にも、男性が摂取した場合、質の高い精子をつくることをサポートしてくれるのです。


妊活中の夫婦にとって、亜鉛は欠かすことの出来ない重要な栄養素です。今ではサプリ等お手軽に摂取できる方法もありますから、ぜひご夫婦二人での亜鉛摂取を始めてみるのが良いと思います。妊活とは、夫婦生活を含め、日常生活の中で妊娠しやすい体づくりを進めていく活動の事をいいます。この妊活は女性が行うものだと考える方も居ますよね。
ですが、男性側にも実践していただきたい妊活があります。それと言いますのも、葉酸を十分に摂るという妊活なんですね。流産や不妊におけるリスク要因は女性の問題ばかりでなく、男性に原因がある事もあります。
原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。葉酸は女性の妊活にとっても必須のものですが、男性の精子の質を高める効果が報告されています。

ですので、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてください。いわゆる不妊症の原因というと、まず、排卵そのものが困難な排卵障害と、受精卵が子宮に着床しにくい着床障害など女性側に原因があるものと、造精機能や性機能の低下ないし障害があるといった男性側に原因があることとが考えられるでしょう。
しかし、どれか一つをたまたま見つけて解決したところで不妊が治るかというとそれは疑問です。


赤ちゃんは両親の健康を受け継いで生まれるのですから、男性、女性、両方が早めに検査を受けると確実ですし、時間を無駄にすることもありません。


一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、小松菜や菜の花、近年高い栄養価で有名になったモロヘイヤなど、青菜と呼ばれるものが該当します。
赤ちゃんを授かったあと、可能な限り早く、これらを摂取するようにしましょう。葉酸の適切な摂取は先天異常の発症リスクが抑えられるという話があります。


十分な葉酸摂取のために、毎日たくさんの野菜を食べるのが辛いという方も居ると思います。
そんな時には納豆や貝類を食べるのをお勧めします。
葉酸は様々な食品に含まれていますから、自分に合ったものから補給するようにしましょう。

葉酸の摂取については、赤ちゃんを授かった事が分かってからご自身の体や赤ちゃんのために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。

それと同時に、一体いつまで葉酸を摂取するべきなのか、といった疑問もよく耳にします。例えば、赤ちゃんのためだけに葉酸を摂取している方は、葉酸摂取の期間を出産までと限っても良いと思います。一方で、葉酸は体に有益な様々な働きをしてくれます。中でも身体のバランスを整えるといった働きに葉酸は欠かせませんから、出産後も、葉酸の摂取によって健康の手助けとなってくれますから、ぜひ出産後も葉酸の摂取を続けましょう。
葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても妊婦への摂取が勧められているんですよね。産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸サプリのサンプルを配っているところもあるそうです。



厚生労働省が推奨しているように、妊娠中の葉酸の摂取が大切なことが分かりますね。とはいえ、妊娠初期に葉酸を積極的に摂っていなかったと不安になっている妊婦さんも少なくはないと思います。



もし、こうした方法で摂取をしていなかったとしても、問題はありません。
葉酸は自然の食品にも含有しています。例えば肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られています。

なので、普段の食事でもある程度は摂取できるのです。


妊娠してから病院や産婦人科などの専門的な栄養指導を学んだり、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。多くの方が、そうした機会に、葉酸の働きと葉酸を多く含んだ食品を学ぶと思います。
葉酸を含む食品として、多くの方がご存じなのがレバーです。


ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が加熱すると失われやすいというリスクを理解し、葉酸摂取の計画を立てましょう。



フレーム下 class=


Copyright (C) 2014 吉江とのな All Rights Reserved.

ページの先頭へ