トップページ > 妊娠しづらいように感じ始めたら、まずは基礎体

吉江とのな

フレーム上

妊娠しづらいように感じ始めたら、まずは基礎体

妊娠しづらいように感じ始めたら、まずは基礎体温計を購入することをおすすめします。

平均体温と基礎体温は違います。基礎体温を見ると女性のホルモンバランスの変化が推測できて、妊娠につなげる手がかりとなるのです。


基礎体温表を作るには、毎日、起床時に体温を測るという注意事項もありますから、習慣的に続けていくことが大切ですが、時間もかからないので、すぐ慣れると思いますよ。
私の話なのですが、妊活をしていた当時、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。


上の子が男の子でしたから、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。

排卵日を特定したり、タイミングを調節するなど、産み分けに挑戦してみました。


妊娠が発覚した後、性別が判明するまで少し心配もしましたが、産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。
主人も待望の女の子という事で大喜びでした。


妊婦にとって欠かせない栄養素の葉酸ですが、摂りすぎると体に副作用が出てきます。不眠症や食欲不振や吐き気、むくみなどの症状です。

妊娠初期は、多くの方が食事に気を配ると思います。ですが、それでかえって過剰に葉酸を取ろうとしてしまいます。

そうした過剰摂取は副作用を発症する危険がありますから、注意するようにしましょう。



理想としては、1日3食の食事で葉酸を十分に摂取する事です。



しかし、毎食大量の野菜を食べ、その摂取量を考えるのも大変ですよね。

サプリメントであれば、一日の摂取量の目安がついて簡単に管理できますから、葉酸摂取にきちんと取り組もうとしている方には最適な方法だと言えますね。

いまの不妊状態から脱出するのに、普段の食生活の見直しも重要なことだと思います。両親の体の中で精子と卵子ができるわけですし、食生活が乱れていては受精しやすい活発な卵子(精子)というのは、望むほうが無理なのではないでしょうか。育児は体力勝負と言いますが、妊娠は健康が大事です。バランス良く健康的な食習慣を心がけ、体を作る時間を愉しむ「ゆとり」も大切です。
葉酸はあなたも知っての通り、妊娠を希望する方や妊娠中の女性にとって不可欠な栄養素です。


ですが、妊娠中は葉酸だけに気を配れば良いのかと言うと、そうではありません。
さらに、葉酸単体での体内利用率は低く、それ自体では効果が働きにくくなってしまうため、サプリを飲むときには、葉酸以外の栄養素が25種類前後入っているものを選べば必要な栄養素をきちんと補うことが出来ますし、成分が最大限有効に働いてくれるという訳です。


こうした総合サプリの摂取は、妊娠中に女性が飲むもののように思いますが、決してそんなことはありません。

妊娠に不可欠な栄養素を補う事で、体も妊娠に適した体へと変化していきます。ですのでいま、赤ちゃんが欲しいと妊活をされている場合も今から飲んでおくと安心です。

熱によって失われやすい葉酸は、葉酸摂取を目的とした調理において、ちょっとしたコツがあります。


葉酸を出来るだけ失わないよう、加熱しない調理方法が一番おススメなのですが、加熱しなければいけない場合、短時間の加熱で済ませられるようなメニューを選び、サッと熱を通す程度にした方が良いです。こうした調理や食事が負担だと考える方は、サプリを活用すれば確実に補給出来るという点において、最も優れた摂取方法だと言えますね。葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。

葉酸を食べ物から摂取しようと葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーを食べるようになったという妊婦さんも大勢居ます。実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、熱を加えてしまいますと葉酸が溶け出てしまっていることもあります。



葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が不十分かもしれませんので、気を付けてください。

ホルモンのバランスを改善することで、妊娠しやすい体づくりを進めることが出来ます。

ヨガを行う事で血の巡りが良くなり、深いリラックス効果を得ることが出来ます。すると、乱れがちな自律神経を正常にするため、ホルモンバランスが改善していくという訳です。



インターネットを利用すれば簡単にヨガの動画が見られますので、自宅でも行えますし、軽い運動は凝り固まった体を柔らかくほぐし、代謝を上げてくれます。


崩れがちな身体と心のバランスをキープしてくれますから、ヨガは簡単に実践できて、効果の高い妊活だと言えるでしょう。
妊娠を希望する多くの方はご存知だと思いますが、妊活において最も重要視する事と言えば、食べ物の事ではないでしょうか。

妊活とは、夫婦生活を含めて妊娠しやすい体づくりを進めるというものです。



妊活中の女性はすぐに赤ちゃんを授かっても不思議ではありませんので、妊娠が発覚するよりも前の受胎時の段階で、十分な栄養で満たされているように、妊活中から健康的な食事を心がけましょう。


妊娠初期には不足しがちな栄養素がいくつかありますが、なかでも葉酸はこの時期に必須となる栄養素です。



忘れがちですが、妊娠検査キットによって妊娠が確定するより前からお腹の中の受精卵が成長をはじめています。いつ妊娠するのか、それは誰にも分かりません。


いざ妊娠した時に十分な栄養で満たされているように、なるべく早い時期から葉酸を摂取し、胎児の成長を十分にできる体を作っておくことが良いと思います。不妊の原因と対策を考えるとき無視してはならないのはストレスです。生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、妊娠を妨げる種々の症状を引き起こすことがあります。



また、周囲の期待感や気遣い、過度な緊張感が不妊治療とあいまってストレスになるケースもしばしば見られ、悪循環から抜け出せない人もいます。


周囲も本人もおおらかな気持ちを持つことが大切です。

フレーム下 class=


Copyright (C) 2014 吉江とのな All Rights Reserved.

ページの先頭へ