トップページ > ビタミンBの一種である葉酸は、色々な食べ物

吉江とのな

フレーム上

ビタミンBの一種である葉酸は、色々な食べ物

ビタミンBの一種である葉酸は、色々な食べ物に含有しています。
例えば、果物に限った話では、代表的なものにイチゴやライチがあると知られていますね。その他の果物にも、葉酸が多く含有しているものがあります。柿やキウイフルーツ、アセロラもそうですし、元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。十分な葉酸を簡単に摂取するためには、ジュースになったオレンジを飲むなどして葉酸を補っても良い方法だと言えますね。
近年、妊婦の摂取における有効性に注目が集まっている葉酸は、胎児の先天性神経管異常といった障害を発症させにくくするという効果が科学的な研究によって、明らかになっています。
このような研究結果から、妊婦が葉酸を積極的に摂ることを厚生省が推奨しているんです。
今では補助食品や葉酸サプリメントも多数販売されており、葉酸が多くの方にとって必要不可欠な栄養素だという事が分かります。
また種類によってはトクホ(特定保健用食品)に指定され、妊婦に特に利用されているといったことも少なくありません。妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、新しい血を造り出すのに有効な栄養素です。
それは不妊治療にも効果を表し、とくに着床困難を解消するため、妊娠しやすい状態を作り出すので、タイミング療法と組み合わせる人も多いです。葉酸で血液が増産されると、新しい血液が体内サイクルを整え、生殖機能そのものが底上げされ、不妊治療に役立つのです。

妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。

葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。

そのため、妊娠初期に葉酸が欠乏してしまうと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症するリスクが高くなるという話があります。もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、女性側が実践するものがよく紹介されています。
しかし、男性側が実践できる妊活もあるのです。それは、普段の食事の中で葉酸を意識して摂ってみてほしいという事です。ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは母体にあるばかりでなく、意外にも男性に原因がある事もあります。



原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。

質の高い精子をつくり、染色体異常のリスクを低減するためにも、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみてください。



葉酸の摂取期間についてお話しします。



皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において最も重要な期間であることは、疑いようがありません。
それでは、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が必要ないのでしょうか。実際にはそんなことはありません。
赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、妊娠3ヶ月までの期間が大変重要な期間という事ですので、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。
妊活中の方に、ぜひ読んでいただきたいのですが、妊活中には亜鉛が妊娠に重要な役割を与えています。
亜鉛不足に陥らないよう気を付けてください。


その理由は、亜鉛が卵巣に働きかけることで、卵子が健やかに熟すために、有効的に作用することが分かっています。
このような妊娠に嬉しい効果は女性だけに限った話ではありません。男性側も、十分に亜鉛を摂取するようにしましょう。



亜鉛は卵巣に働きかけるだけでなく、精子の量を増やし、質の高い精子の生成をサポートしてくれるのです。

亜鉛は妊活中の夫婦の心強い味方です。ぜひご夫婦で亜鉛摂取を始めてみるのが良いと思います。

仲良くしている友人が彼女が妊活をしている時によく漢方を飲んでいたと思います。

彼女の話では、妊娠しやすい体質づくりのために、漢方を服用していたそうです。


漢方なら、妊活中でも飲むことに抵抗がありませんね。

その漢方のおかげなのか、彼女は無事に命を授かることが出来ました。
彼女が妊活を頑張っていたことを知っていたので、本当に良かったと、お祝いしたい気持ちでいっぱいです。妊娠を希望する女性や、妊娠中の女性の健康をサポートしてくれるサプリと言えば、妊婦や赤ちゃんをサポートする製品で有名なピジョン株式会社の葉酸サプリです。


こちらの葉酸サプリはいくつかタイプがあり、それぞれの成分が異なっています。殆どの葉酸サプリに鉄分やビタミン、カルシウムなど妊婦や女性に嬉しい成分が含有されていて、これらの成分が一錠のサプリに詰め込まれていますから、適切な量の栄養素を手軽に摂取できます。
こうしたサプリを利用すれば、カルシウムのサプリやビタミンのサプリ等、複数のサプリを複数服用しなくても良いので、手軽にすべての栄養素を賄えるので、おススメです。また、面倒な摂取量の計算も必要なくなるため便利です。ご自身の食生活や状況に合わせて、不足しがちな成分が含有したサプリを選んでください。皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。妊活中の方をサポートし、体調を整えることを目的としたサプリは、多くの種類がありますが、葉酸が配合されたものが、一番のお勧めです。
葉酸の働きは、赤血球を造ってくれる効果がある為、貧血を予防することが出来ます。

それに、正常な細胞分裂を促すことで、赤ちゃんが先天的な異常を発症するリスクを下げることが出来ます。それと、意外かもしれませんが、精子の染色体異常を防止してくれる効果もあるりますから、夫婦共に効果的な、妊活中の夫婦には必要不可欠なサプリだと言えるでしょう。

フレーム下 class=


Copyright (C) 2014 吉江とのな All Rights Reserved.

ページの先頭へ