トップページ > 仲良くしている友人が妊活を頑張っていた頃、よく漢方

吉江とのな

フレーム上

仲良くしている友人が妊活を頑張っていた頃、よく漢方

仲良くしている友人が妊活を頑張っていた頃、よく漢方を飲んでいたと思います。

その子の話によると、体質改善のために漢方を利用していると言っていました。



妊娠中は薬が飲めないと聞いていましたが、漢方なら安全性が高いのではないでしょうか。
彼女は漢方を続けていたようです。その効果かどうかはわかりませんが、結果的に赤ちゃんを妊娠できたので、本当に良かったと、お祝いしたい気持ちでいっぱいです。葉酸は加熱によって失われやすいため、食べ物から摂取する場合、調理にはポイントがあります。


それは、出来るだけ加熱を避けるという事ですね。



葉酸摂取を目的とする場合、野菜や果実などの、そのままで食べられる食材を選ぶのもポイントです。

とはいえ、加熱しなければいけない場合、長時間の加熱は避けて、熱は通す程度にした方が良いと思います。

こうした調理や食事が負担だと考える方は、サプリによる葉酸摂取が手間がかからず良いと思います。



さて、葉酸とは具体的にどのような栄養素だと思いますか?葉酸とはビタミンB群のひとつで、ほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。



葉酸は、妊娠初期に特に重要となる栄養素です。
それは摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を減らす効果があります。



厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は葉酸の摂取を1日に400μg摂ることを勧告しています。手軽に摂るならばサプリメントを活用するのも賢い方法だと言えます。

妊娠や胎児における葉酸の重要性を踏まえると、妊娠中は当然のこととして、妊活期間から十分な摂取が求められる葉酸なのですが、つい忘れてしまったりして十分に摂取できないという悩みも出てくる方が多いです。
葉酸の摂取不足は妊婦さんに共通する悩みですが、一番おススメしたい解決策は、葉酸サプリです。サプリであれば、手間なく葉酸を摂取できますから、普段の食事で十分に摂取できているのか不安な方も心配の必要が無くなります。
ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取することでお腹の中の赤ちゃんの先天性神経管異常といった障害を発症させにくくするという効果が判明しました。そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しており、葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。

また、こうした食品の中には特定保健用食品の認定を受けているものもあり、妊婦が利用する場合もよく耳にします。
不妊治療でかかる費用ってばかにならないですし、心理的にも疲弊してしまう人が多いようです。自治体の助成金制度を利用しても、40歳の年齢を境目に給付回数に制限がつく例が多いのが実情です。治療を始めた年齢を考えると40歳以上といってもまだまだで、支給回数を増やすべきで、減らすのは言語道断だと思います。



私はもうじき40歳ですし、色々なものに追い詰められているようで、疲れきっています。葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、小松菜や菜の花、近年高い栄養価で有名になったモロヘイヤなど、青菜の野菜に多く含まれています。妊娠が発覚してから、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、お腹の赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性があるという話があります。



毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。

納豆や貝類を食べるのをおススメします。

一度流産を経験しました。



しばらく経ってから、また妊娠について前向きに考えられるようになり、妊娠を考えて行動するようになりました。
妊娠しやすい体になることを目的に、以前から悩まされていた冷え性を克服するように、運動で体の調子を整えることにしました。

結果は、意外とうまくいきました。新陳代謝が上がったため、基礎体温があがって、冷え性も良くなったので、本当によかったです。

妊活中に、出来るだけ母体に良い食事をしようと考える方にとって、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。



一般的に、妊活に効果があると言われるお茶はルイボスティー・タンポポ茶の二つのお茶を良く耳にします。
これらはノンカフェインなので、いつ赤ちゃんを授かっても不思議ではない女性にも、赤ちゃんにも負担のかからない、妊活中に飲むのに理想的なお茶なのです。中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があると報告されていますから、妊娠が分かってからも、積極的に摂取したいお茶だという事ですね。妊娠前から妊娠初期の摂取が最も大切だと言われる葉酸ですが、どれだけ大切な栄養素だからといって、摂取量に気を付けてください。なかでも、サプリによって葉酸の摂取をしている方は特に注意が必要です。

なぜならサプリは普段の食事で摂取できる葉酸に比べて、遥かに多くの葉酸が入っているため、既定の容量を厳守するようにしてください。


葉酸が過剰に体に蓄積されることで、母体には吐き気や食欲不振といった副作用があらわれることがあるそうです。
他には、胎児が喘息を発症するといった報告があります。

フレーム下 class=


Copyright (C) 2014 吉江とのな All Rights Reserved.

ページの先頭へ