トップページ > 妊娠ひと月前から妊娠初期段階の妊婦におい

吉江とのな

フレーム上

妊娠ひと月前から妊娠初期段階の妊婦におい

妊娠ひと月前から妊娠初期段階の妊婦において大変重要な働きをする栄養素が、葉酸です。

赤ちゃんが健やかに育つように、サプリなど、お手軽に葉酸が取れる方法を活用しながら、葉酸の摂取を怠らないようにしましょう。
ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。
厚生労働省の発表によりますと一日に0.4mgを摂取する必要があるみたいですね。



野菜だけで十分に摂取できるかというと、難しいと思いますから、サプリを飲んで、無理なく葉酸を摂取しましょう。葉酸の過剰摂取による副作用は、不眠症や食欲不振や吐き気、むくみなどの症状です。妊娠初期というのは体もデリケートになりますし、神経質になりがちです。そのため良かれと思って葉酸をたくさん摂りすぎてしまう傾向があるので、気をつけましょう。葉酸の摂取は、バランスの良い食事で摂ることが理想です。



ですが、どれだけの葉酸を摂取したのか分かりにくい事もあると思います。そうした場合、葉酸サプリを活用すれば、摂取量もすぐに分かりますから、推奨される摂取量をちゃんと摂りたい場合には良いですよね。妊娠を希望する女性や妊娠中の女性など、妊娠に関わる方が一番気にする栄養素と言えば、葉酸ですよね。


葉酸は胎児の正常な発達に寄与する栄養素なのですが、どれだけ大切な栄養素でも、過剰摂取は禁物ですから、一日の適切な摂取量を守って下さい。

なかでも、サプリによって葉酸の摂取をしている方は特に注意が必要です。なぜならサプリは食品に含まれる葉酸量の数倍もの葉酸が含まれている事は、一日の葉酸摂取量を、たった数錠のサプリで賄ってしまう事からもお分かりですよね。

ですから、過剰摂取に陥らないよう、既定の容量を厳守するようにしてください。
葉酸が過剰に体に蓄積されることで、胃腸が影響を受けるために、主に食欲不振や吐き気といった副作用があらわれることがあります。
それに、胎児は喘息にかかりやすいという話もありますから、過剰摂取は禁物ですね。
一般的に、「冷え」は不妊症の一因と考えられています。体温低下で血行不順になると栄養不良に代謝不良が重なって、排卵障害や子宮の機能が落ちるといった報告があります。こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。

お灸は緊張をほぐして血行を良くして自然な代謝を促進し、施術中のリラックス効果もあるのが魅力です。


ホルモンバランスが整うと自然と温かな体になりますよ。葉酸の摂取によって胎児の先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が科学的な研究によって、明らかになっています。


このような研究結果から、妊婦が葉酸を積極的に摂ることを厚生省が認めており、妊婦に対して摂取を呼びかけています。

実際に葉酸サプリや補助食品として販売されているものの中には、特定保健用食品に指定されているものもあります。こうしたものは、安全性と有効性の高さから赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話もあるようです。
妊活を行う場合、特に、注意が必要なものと言えば、やはり普段の食生活だと思います。妊活とは、夫婦生活を含めて妊娠しやすい体づくりを進めるというものです。妊活中の女性はいつ妊娠しても不思議ではないですよね。
ですから、妊娠が発覚するよりも前の受胎時の段階で、十分な栄養で満たされているように、妊活中から健康的な食事を心がけましょう。この時期に重要な栄養素は様々にありますが、妊娠初期に最も大切な栄養素と言えば、葉酸でしょう。

妊娠とは、妊娠検査薬によって発覚するより前からお腹の中に新しい命を授かっています。



早い段階で胎児に葉酸を与えられるようにしましょう。
不妊の要因としては、排卵がうまくいかない排卵障害や、受精しても子宮に着床が困難であるといった女性側に原因があるものと、造精機能や性機能の低下ないし障害があるといった男性の方の要因が挙げられるでしょう。


もし不妊の原因が何か分かっていても、それだけが原因とは言い切れません。赤ちゃんは両親の健康を受け継いで生まれるのですから、男性、女性、両方が早めに検査を受けることが、とても重要な意味を持つのです。



妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。
細胞分裂が行われる、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれるリスクが増加するという報告があるのです。

もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。
ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、食事で摂取する分の葉酸以外に、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。
葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。
その効果は厚生労働省によって妊娠を希望する女性や妊娠中の女性へ、適切な摂取を勧めています。
摂取した葉酸ですが、葉酸は水溶性なので尿とか汗で流出します。


そのため、身体の中に蓄積していく、ということは殆ど無いのです。

とはいえ、過剰摂取によって発熱やかゆみ、あるいは呼吸障害などの重大な副作用に繋がる恐れもあります。サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意し、指示された用法を守って摂取するようにしてください。


不妊の原因と対策を考えるとき無視してはならないのはストレスです。
生殖ホルモンの分泌を乱すストレスは、排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。
周囲の励ましや期待などが負担となったり、焦りといった感情が不妊治療中のストレスとなるケースもあり、堂々巡り的で心理的に参ってしまう人もいます。


周囲も本人もおおらかな気持ちを持つことが妊活の最初の一歩とも言えるでしょう。

フレーム下 class=


Copyright (C) 2014 吉江とのな All Rights Reserved.

ページの先頭へ