トップページ > 葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ、血液

吉江とのな

フレーム上

葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ、血液

葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ、血液を造る力を強めるという働きがあります。
この作用は妊娠にも有効で、子宮の状態を改善して着床しやすくし、妊娠しやすい状態を作り出すのです。タイミング療法と合わせれば更に効果も出やすいでしょう。また、葉酸で血液が増えれば新しい血液が体内サイクルを整え、生殖機能が正常化して活発になり、不妊対策に良い結果をもたらすのです。
葉酸の摂取によって胎児の先天性異常の発症が抑えられる可能性があります。葉酸の摂取方法としては、厚生労働省が推奨するように妊娠前から妊娠初期の期間は、普段の食事以外に、サプリによって摂取するのがお勧めです。
せっかく補給した葉酸に効率よく働いてもらうためには、食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。

なぜかと言うと通常の食事で摂取できる栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸も効率よく働けるという訳です。逆に、胃に何も入っていない状態で摂取すると、葉酸が効率的に働かないだけでなく、食欲不振や吐き気などの、胃の不快症状を訴える方もいるので、必ず胃に何か入った状態でサプリを摂取してください。



一般的に不妊治療は費用もかさみますし、精神的な疲労も相当なものです。自治体の助成金制度を利用しても、一定の年齢(40歳程度)を超えると支給回数が減る場合がほとんどです。治療を始めた年齢を考えると40歳以上といってもまだまだで、支給回数を減らすのはナンセンスだと感じます。

今年で40歳になる私ですが、常に急かされているような気がして、疲れきっています。
不妊の要因になるものといえば、排卵障害や着床障害といった女性側に原因があるものと、精子の運動量が低下したり数が少なかったり、あるいは性機能障害等の男性側に原因があることとが考えられるでしょう。もし不妊の原因が何か分かっていても、それだけが原因とは言い切れません。

赤ちゃんは両親の健康を受け継いで生まれるのですから、男女双方が検査を受けると解決への糸口となるでしょう。一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、小松菜や菜の花ですとか、モロヘイヤといった青菜の野菜です。赤ちゃんを授かったあと、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減するという報告があります。
とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆や貝類を食べるのをお勧めします。



葉酸は様々な食品に含まれていますから、自分に合ったものから補給するようにしましょう。



妊活中の体調を整える働きが望めるものは様々にありますが、中でも、葉酸を含んだサプリを選ぶことが大切でしょう。


妊活中に不足しやすい葉酸には、赤血球を造ってくれる効果がある為、貧血を予防することが出来ます。


それに、胎児の正常な細胞分裂に働きかけ、先天的障害を発症しにくくするという効果があります。それと、精子の染色体異常を軽減する可能性が高いそうです。

夫婦どちらに対しても非常に重要なサプリだという事がお分かり頂けたと思います。
亜鉛と言えばアルコール分解やコラーゲンの精製など、人間の体にとって必要不可欠の栄養素ですよね。


妊活中にも、亜鉛の摂取を心がけてください。その理由は、亜鉛が卵巣に働きかけることで、卵子が健やかに熟すために、有効的に作用することが分かっています。


女性のみならず妊活中の男性も同様に、亜鉛不足に注意してください。亜鉛は健康的な精子の増加を手助けしてくれるという訳です。

妊活中のご夫婦ふたりで、十分な亜鉛摂取に取り組む事をすすめてみてください。



妊婦における葉酸の効果は皆さんご存知の通りですが、一番理想的な摂取方法は、やはり普段の食生活で摂れたら良いですよね。葉酸が多く含まれている食品を挙げてみますと、モロヘイヤ、小松菜、菜の花などが有名ですし、それ以外では納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多く含まれています。

幾つかの食品を紹介しましたが、こうしたものを毎日ちゃんと食べることがちょっと大変だ、と感じる場合は、サプリメントなどの栄養補助食品の助けを借りるのも良いでしょう。
サプリは厚生労働省によって推奨されている葉酸の摂取法ですから安心です。サプリを活用すれば、毎日の食事での摂取の負担なく、葉酸を摂取できますから、おススメです。妊婦にとって重要な栄養素である葉酸、妊娠に無くてはならない成分である鉄分は不足しやすいものです。



一般的な食事では、摂取量が足りません。ですので栄養補助食品(サプリメントなど)を利用するのが良いでしょう。サプリによっては、一粒で葉酸と鉄分どちらも補給できるという便利なものも開発されています。
こうしたサプリを選べば不足しがちな成分を、簡単に摂取できるという訳ですね。妊婦にとって重要な葉酸ですが、加熱すると失われやすいという弱点があります。
ですから、葉酸摂取を目的とした調理において、気を付けてほしいポイントがあります。

具体的には、なるべく火を使わずそのまま食べられる方が良いのですが、食材の種類によって加熱調理が避けられない場合には出来るだけ早く加熱を終わらせられるように、サッと熱を通す程度にした方が良いです。


こうした調理がめんどくさい、または自由に食事したい、と考えるならば、サプリを活用すれば手間がかからず良いと思います。

フレーム下 class=


Copyright (C) 2014 吉江とのな All Rights Reserved.

ページの先頭へ